取引所の選び方

金融庁の本音は投資家保護で無い!

金融庁の主張が正しい訳ではないと常々思っていますが、なぜか、批判的な投稿を見る事は少ないと感じているので、あえてここでは取引所をどのように選べば良いか書いてみました。金融庁は当然、日本の基準に合わない取引所には当然許可を与えないがそれは投資家保護からでななく、クレーム回避として監視できる体制を確保する事を優先し、海外に日本国民の資産が流出するのを少しでも抑えたいという思惑で規制してるとしか私には思えないのです。登録を受けている取引所はレバレッジは25倍という上限ルールを金融庁が課しているが単に投資家が過剰に投資し破綻した時のクレームを言われるのを嫌って決めたルールでしかありません。レバレッジ制限は、2010年8月に50倍、翌年2011年8月からは25倍以下に引き下げられていて、10倍までの引き下げという話もありました。さすがにレバレッジの規制を強化しすぎると国内での取引所は衰退してしまうのでこの25倍でとどまっているかと思っています

レバレッジは高いから危険は嘘です。

そもそも十分な資金があり投資するロットが小さければいくら上限のレバレッジが高くても レバレッジは上がりません。レバレッジはあくまでも相対的に変化するだけで逆にレバレッジが高い方が 資金不足でロストする危険が小さくなるので安全な取引だと今でも私は思っています。海外の取引所は金融庁許可を得てない、レバレッジが高いから危険と全く根拠のない話でしかありません。

FXでの取引は海外の業者を使うと危険というがどこに勘違いがあるのかを取引の形態からみて行きます。まづ最初に聞いた事もあるかもしれませんがA-book B-bookという業者で分類することができます。ただし、厳密には同じ取引所でも複合的に取引条件で使い分けをしている事が多く私達が正確に把握することは難しいとされています。A-bookとは簡単に言えばNDD方式で手数料を受け取り、顧客の取引相手は、もう一人の別の顧客である。顧客にレートを提示しているのがFX業者であり
提示レートと業者の購入レートとの差分(スプレッド)が利益になるB-book業者は簡単に言えばDD方式でノミ業者である。B-bookのFX業者は顧客の注文をインターバンクに流さず、そのまま呑んでしまう。その結果、顧客が利益を出せばFX業者が支払うので、FX業者の損になる。しかし、90%以上のトレーダーは利益を出せないと言われており勝手に負けてくれてくれるのでFX業者の利益になる。A-Bookは顧客が儲かってトレードをし続けてくれると利益になる。B-bookは魅力ある広告で顧客を集めれば利益となる。国内で金融庁の許可を得ている業者はこの監理されたB-book業者がほとんどです

よって個人的には国内の業者で取引するメリットは感じません

次にMT4からcTraderをプラットフォームとして魅力を感じる理由を
取引の形態からみて行きます

取引種類

DD、NDD、ECN、STP方式とはなにか簡単に説明します。DD方式とは「Dealing Desk」の略でトレーダーとインターバンク市場の間に入り、取引を仲介するデスクがありトレーダーの注文を市場に流すかどうかを人間が判断しています。NDD方式とは「None Dealing Desk」の略でトレーダーの注文をそのまま市場に流す方式です。取引に人間は介入していませんから、DD方式よりレートの信憑性があります。

※NDD方式の中に、ECN方式、STP方式が含まれます。

「Electronic Communications Network」方式では、個人、ファンド、ブローカー、銀行、などの売買注文が絶えずマッチングされ、売買が成立していきます取引量に応じて手数料を徴収しますから、取引の透明性もECN方式の魅力となっています。デメリットとして顧客が出した注文をに対して、調達できない注文が入れば、それは約定拒否であったり、スリッページとなって顧客に返ってくる事になる。ECN取引とは電子取引所取引と訳され、日本でも株式売買で採用されてます。実際に参加者同士が注文を出し合って、合意したときに注文が実行される仕組みですから注文の状況がわかるため、株式売買で定番の板情報や気配値がFXトレードでも見れることになります。

「Straight Through Processing」方式ではカバー先の金融機関のレートを参照して、レートにスプレッドを上乗せトレーダーへ提示します。しかし、ブローカーに邪魔されずトレーダーの注文は自動的に処理されます。

但しSTPには2つの方式が存在
「Instant Execution」トレーダーが注文したらFXブローカーは直ちにそれを呑み(決済し)ますが、実際の取引はこの時点では発生していません。その後、ほぼ同時にカバー先の金融機関に注文を流すので「呑み」が発生している状況は一瞬です。注文はそのままスルーで流されて執行されるのですが、ECNと違って海外FX業者の先にLPや銀行がどれだけいるのか?を知ることができません。ECNとの違いは注文の気配値や板情報を知ることができません。

「Market Execution」 FXブローカーがトレーダーの注文を呑むのではなく、直接、カバー先の金融機関に注文を出す注文方法のことです。カバー先に対して直接注文することでリクオートは発生しませんが、注文が即時に決済されない場合には、スリッページが起こりうることもあります。Market Executionを提供しているFXブローカーの中には、トレーダーからの注文を金融機関の市場価格で成立させるための電子的なシステム、「DMA(Direct Market Access)」を提供しているところもあります。

※DMA取引とはダイレクトマーケットアクセスの略で、トレーダーは直接市場(インターバンク、リクイディティプロバイダー)にアクセス可能という意味です。

結論としてMT4のプラットフォームを使用している事でNDD方式であり独自のプラットフォームよりレートの信憑性が高いと感じています

MT4ではNDD方式で作動するプラットフォームであっても板情報は不明で取引の透明性を確保しているとまで言い切れない、そこでDMA取引をカバーしているプラットフォームであるcTraderについて今一番注目しています

MT4とcTraderとの比較

プラットフォーム比較

私自身15年以上前からMT4が使える取引所でトレードをしてきましたがその理由はやはり使用できるツールの多さです。しかし、MT4からMT5に成って尚MT4にこだわり続けるのは可笑しい気がしていました。海外での取引所でMT4が使えるからといってもスプレッドが多き買ったり、取引したい時に約定しなかったりと取引所に操作されているな!?と感じる取引所もまた多いのも事実でありましす。MT4 は上記での説明もありますが板情報が不明確でありプラットフォームとしての性能はcTraderに軍配が上がります。ここで、MT4 のツールが全くcTraderで利用できないかといえばそうでもなく、その解説も準を追って説明していきますので安心してください。