まめ知識用語カテゴリのエントリ

  • カテゴリ まめ知識用語 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

勝つ為のバイナリー取引 - まめ知識用語カテゴリのエントリ

EAとインジケータの違い

カテゴリ : 
まめ知識用語
執筆 : 
ohno 2015/9/29 16:44

EAとはExpert Advisor



直訳すれば専門の相談員

余談ですが、Expert Advisorはもはや日本語のようで

Gooleで英和翻訳させるとエキスパートアドバイザーとなる(笑)


でも、実際の意味は「自動売買プログラム」の事です


最初にMT4のインジケータのフィルダーを空にして

再起動してみます


Navigator
再起動





ナビゲータを開くと インジケータのすべてが消えていませんよね

次にエキスパートアドバイザーから最初から入っているMoving Averageを

取引画面に表示してみましょう

Expert Advisor
再起動





設定画面はこのようなものが出ます

設定にはすべてチェックを入れましょう

外部プログラムが危険とかDLLが信用できないとか言い出すと

利用できません

その場合は自力で取引して下さい

EA設定
EA設定





もう一度2番目の画像Expert Advisorをみて下さい
右上のニコマークが怒っていますよね

これが笑わないと本来のEAの意味はなしません

オプション設定
設定1




上記タブのツールにオプションがありますので開いてください

ここで自動売買を許可するにレ点がない「Allow live tradingがOFFの状態」

この時にニコマークが笑ってないのですが ONにすれば笑います


自動売買
自動売買




この画像でニコマークが笑い 自動売買が機能している内容が解かると思います

しかし アラートはでません

なぜならEAにアラートやメッセージが組み込まれてないからです

もう一つ、取引画面にはMoving Averageが表示されていない事を確認して下さい



オプションで自動売買を許可しないとどうなるか?
自動売買




EAにもしメッセージやアラートを組みこんでいれば機能しますが

取引は行いません


設定と読み込みデータ
データ




今度は、上の画像の左右を見て下さい

同じEAであるColor Ver2.0を起動しているのですが 

左は インジケータをすべてなくした状態で 右は正常にある状態です

一見 同じにみえますが 右しかアラートが発生していません

EAはインジケータが有るとかないではなく表示されます

しかし 機能するかとは全く別の問題なのです


EAの設定は2か所ある事を理解する
設定2




右上に表示されたEAのマークをクリックすると 最初に設定した画面を出すことが出来ます

ここでアラートをOFFにしてみます

ニコマークは笑ったままです

アラートは鳴りません

と言いたいのですが なります うるさいほどなります

困ったものです




プログラムの仕組みは解りませんが 

結果は理解して頂けたでしょうか

国内でのラダー取引の概要

カテゴリ : 
まめ知識用語
執筆 : 
ohno 2015/9/1 4:43
これは、証券会社の違いにより多少の違いがありますが

日本で金融庁の許可を得ている時点で大差 有りません

なぜ、このような取引が派生したか?

これは、おバカな金融庁の消費者保護といった名目で行われた規制によるものです


ラダー取引を説明する前に少し、なぜ規制が掛けられたかといえば
バイナリー取引が簡単でリスクが高いという理由からです

いろいろ規制はありますが大きい内容は3つ

◆高ペイアウト倍率設定の禁止
取引開始時点で著しく高いペイアウト倍率となる価格を設定してはいけない

◆最低取引期間
1日に設定できる判定時刻の最大数は12回

◆短期間のHigh/Lowの禁止
1回あたりの取引時間を2時間以上とし短期の単純取引が禁止


この規制によりバイナリオプションと言う言葉のみが残り

実態が無くなってしまった

そこで、一見高配当に錯覚する商品であるラダー取引が誕生したものと思われます
(個人的見解ですのでツッコミはご遠慮下さい)


しかし、実態は 結果的に何の保護にもなってなく証券会社保護になっています。




ラダー取引の概念
ラダー取引の概念





例えば、ある証券会社を例に取って見ますと

1ロットあたりのペイアウト金額が1,000円に固定されており、

価格帯ごとに商品の値段が設定されています。

基準価格が120.50円の場合、「判定時間の価格が120.60円以上になる」という商品の値段が500円、

「判定時間の価格が120.70円以上になる」という商品の値段が300円に設定されます。

判定時間の価格が120.60円以上になると予想したら500円で購入し、

予想が当たれば1,000円がペイアウトされます。

基準価格と判定時間の価格との差が大きいほどペイアウト倍率が高くなり、
それにともなって商品の値段は安くなります。

商品の値段の安値は50円に設定されていますが、予想の当たる確率は低くなります。

また、商品の値段の高値は990円に設定されています。


予想の当たる確率は高くなりますが、予想が当たっても利益は10円です。

これは、どの証券会社も ほぼ同じ仕組みです

投資家保護のという理由で規制をかけものの、

ハイリスク ローリターンとバカげた内容に成ってしまいました


本来のバイナリーオプションで、80%の配当があれば

8000円投資したとして勝てば6400円 負ければ、8000円

もし、ラダー取引で負ければ8000円の取引の場合

勝てばいくらになると思いますか?


先ほど ペイが一律1000円に固定となっていますといいましたが

すなわち、8000円の投資をして 予想が的中した場合でも

利益はたったの2000円。


※なぜなら800円で200円の利益だからです=800+200=1000円

しかし、予想がはずれた場合の損益は同じ-8000円です

このような取引が投資家の保護だと思いますでしょうか?



上記説明で990円で利益10円と言え100パーセント勝てるわけでは
ありません

10円稼ぐのに、負けたら1000円失うと言われて
投資する気になるでしょうか?


バカげた役人が規制をかけた結末を投資家がリスクを背負う羽目に成った訳です

それもまた、海外では短時間での取引が可能ですが
国内では、2時間、3時間と予想しづらく成っています


このような内容を知れば、海外での投資をしたくなるのもうなずけると

思いませんでしょうか


======ハイリスク・ハイリターンが可能なラダー取引が可能なBO業者======



ラダー取引

GBinarys


左記のサイドバーにGBinaysのタグがありますが詳細はこちらに記載します

レバレッジ 「レバレッジ効果」

カテゴリ : 
まめ知識用語
執筆 : 
ohno 2015/8/3 14:56
レバレッジ効果とは「てこの作用」を意味します

少ない力(資金)で大きな重さを動かす

少額の投資資金で大きなリターンを得られることを言います。

当然、その為には条件が必要

証拠金を必要としますが、通常では約30倍の取引が可能

昔は1000倍 2000倍なども有りましたが

現在、国内の証券会社で 金融庁の許可を得ている場合では

そのような会社は存在しません

海外で許可を得ていない 企業であれば現在も存在しています


しかし、注意点としては

大きなリターンが得られる反面、自分の予想通りの株価変動をしなかった場合

損失も大きくなってしまうことです

ロストカットと言う言葉を耳にしたことがあるかも知れませんが

損失が証拠金を上回ると

自動的に取引が終了します

これは、あなたを守る仕組みではなく、証券会社が損失を受けない仕組みで

もし、週末で取引が終了し 次の週の開始値が暴落していたら

ロストカットはされていなく、膨大な損失を請求される可能性があります



初心者でFXを始めるのであれば、必ず金融庁の許可を得た会社にすべき理由が

ここにあります

スリッページとは

カテゴリ : 
まめ知識用語
執筆 : 
ohno 2015/8/2 12:30
FXでは、スプレッドとは別に

注文時と約定時の価格がずれるといったことが
おこります

このことをスリッページといいます


FXでの取引において、スプレッドもスリッページも
手数料もなく

本人の開始したい時間で購入し、売りたい時間で
取引を終了することが出来れば
逆に商売として成立しなくなることでしょう

バイナリーオプションではスプレッドもスリッページ
また、取引ごとの手数料もかからない代わりに

取引条件を満たす必要があるとお考え下さい

それが、取引時間の拘束という訳です

このエントリーをはてなブックマークに追加

スプレッドとは

カテゴリ : 
まめ知識用語
執筆 : 
ohno 2015/8/2 12:20
FXでは通常取引毎に手数料が発生します
最近では手数料が無料を売りにする証券会社が
多くなってきましたが、その理由は
このスプレッドの差にしくみが隠されているのです

では、スプレッドとは?
まず、あなたがドル・円で取引をしているとします
現在の値段が100円として

スプレッド(売値と買値の価格差)が0であれば
売りも、買いも100円となるのですが

買いは100.02円
売りは99.98円というように
その差で証券会社は運営が可能でもあるのです

バイナリーオプションではFXと違い
スプレッドは0で魅力の一つでもあります

このエントリーをはてなブックマークに追加

スワップポイント

カテゴリ : 
まめ知識用語
執筆 : 
ohno 2015/7/9 12:30
FXでの取引を行う場合、資金以上の取引ができる方法として
レバレッジを掛けることができるが

その他にも、

外貨預金をしたときは預けた金額に対する他国の金利がもらえます

FXでも保有しているポジションに対して
金利に相当するスワップポイントというお金がもらえるのです

スワップポインは2国間の金利差であるという点で

低金利国の通貨で高金利国の通貨を買うと金利差が生まれ、
保持しているだけで金利が得られます。


金利差というのは日本円で他国の通貨を買った場合、
もらえる金利は「他国 - 日本」となるわけです。


逆にいえば、

売りポジションをもった場合は他国の金利分が毎日引かれてし
まいますので注意してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FX 手数料

カテゴリ : 
まめ知識用語
執筆 : 
ohno 2015/7/9 9:50
FXをどの会社に選ぶか、

少し昔であれば、最もわかりやすいのが手数料の高さだったと
思います

しかし、今では、手数料が無料

当たり前のようになっていますが、そもそも

手数料ってなんだったんでしょう


実際にFX取引を行うとしたらどうすればよいのでしょうか?

FXは自分で取引できるものではありません。

FX会社に口座を開設することで初めて取引を行うことができる
ようになるのです。

ですから、手数料が発生しても

本来であれば不思議では有りません


ではなぜ、現在は無料がほとんどになっているのでしょう

FX証券会社の運用には「スプレッド」というのがあり、
実質これが手数料となります。

スプレッドは買値と売値の差額のことでもしスプレッドが1銭だとして、
「 一万ドル」を購入した時の 実質手数料は「1万 × 1銭 = 100円」となります。

これが、運用資金となりうるからでしょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

CONSOBについて

カテゴリ : 
まめ知識用語
執筆 : 
ohno 2015/5/31 0:53
資産の保管と分別管理権などを業務とするEUの投資会社です

「分別管理」とは



証券会社が、顧客の資産を、自社が保有する資産と

明確に区分して管理することにより、証券会社が万一破綻した場合でも、

あなたの資産が保護される制度のことをいいます。


この「分別管理」がしっかり守られていれば、

仮に証券会社が破綻しても、

あなたの資産は別途確保され、お預りした資産をお返しすることができます。

URL:http://www.consob.it/mainen/issuers/index.html


24オプションはCONSOBの登録を受けたBO業者です
登録番号:3853

24optioncom

BaFinについて

カテゴリ : 
まめ知識用語
執筆 : 
ohno 2015/5/29 12:40

ドイツ連邦金融監督庁



連邦金融監督庁(BaFinは)銀行や金融サービスプロバイダー、保険事業および証券取引の監督を統括します。

これは、自律公開法の機関であり、連邦財務省の法的および技術的な監督の対象となります。

これは、手数料及びその監督の下で機関および事業からの寄付によって運営されています。



BaFinは、ボン、フランクフルトアムメインで2535人の従業員が働いています。

彼らは1,780の銀行、676の金融サービス機関、(2014年12月31日現在)

573保険事業と31の年金基金など約6,000国内投資ファンドと約260資産運用会社を監督します。


そのソルベンシー監督の下で、BaFinはその支払義務を満たすために、

銀行、金融機関、保険事業の能力を確保することができます。

その市場の監督を経て、BaFinは、金融市場における投資家の信頼を維持する

BaFinはまた、投資家保護の一環として、不正な金融ビジネスを防止しようとするものです。


URL:http://www.bafin.de/EN/Homepage/homepage_node.html

24オプションは連邦金融監督庁の認可を受けたBO業者です
登録番号:135524

24optioncom

CRFINについて

カテゴリ : 
まめ知識用語
執筆 : 
ohno 2015/5/24 13:57

自主規制機関非営利パートナーシップ




「OTC金融商品とテクノロジにおける規制のためのセンター」


OTC金融商品・テクノロジーズ(CRFIN)では、

外国為替市場のロシア金融業界の正当なメンバーにすることを目的とした

非営利の自己制御パートナーシップです。


私たちの使命は、開発、透明性、便利なビジネス環境や

市場参加者の利益の保護のために必要とされる外国為替市場の

効果的なメカニズムを作成し促進することです。


CRFINは、法的権利と利益を行使を支援します。

パートナーシップのメンバー間、または顧客との

パートナーシップのメンバーとの間で発生した場合

CRFIN仲裁裁判所の設立とメンバーとの契約における

仲裁条項を含めることにより、解決に貢献します


URL:http://crfin.ru/en